家庭用美顔器のラジオ波(RF)でエステ級の効果を期待できる!?

エステの施術マシンや家庭用美顔器にも用いられる「ラジオ波(RF)」って最近よく耳にするけど、イマイチどんな効果があるのかわからないまま使用している方も多いのではないでしょうか!? ラジオ波というぐらいだし、電磁波のこと!?本当にお肌にいいの!?って思いますよね。ダイエット器具やセルライトを除去するような器具にもついているし、顔の当てても平気なのかと心配するまえに、ここではラジオ波(RF)について理解していただく前に、わかりやすく解説していきます。
MENU

家庭用美顔器のラジオ波(RF)でエステ級の効果を期待できる!?

エステの施術マシンや家庭用美顔器にも用いられる「ラジオ波(RF)」って最近よく耳にするけど、イマイチどんな効果があるのかわからないまま使用している方も多いのではないでしょうか!?

 

ラジオ波というぐらいだし、電磁波のこと!?本当にお肌にいいの!?って思いますよね。ダイエット器具やセルライトを除去するような器具にもついているし、顔の当てても平気なのかと心配するまえに、ここではラジオ波(RF)について理解していただく前に、わかりやすく解説していきます。

 

 

ラジオ波(RF)がお肌働きかけるしくみ。波長や周波数とか色々難しい!?

ラジオ波は、体に照射すると、ジュール熱をという熱を発生させます。熱を発生させることで体の奥から体温が上昇していきます。

 

体の奥から体温が上昇すると、リンパの流れや血流が促されます。このように代謝が促されるため、シミやくすみ、むくみといったエイジングの悩みへの効果が期待できるのです。

 

高周波数で肌を柔らかくほぐしながら、じんわりと温めることで、真皮にまで熱が到達し、コラーゲンに熱損傷が与えられます。

 

それによってコラーゲンの産生が促されるため、コラーゲンの減少によって起こる肌のたるみ改善が期待できる。

 

エステの業務用美顔器と、家庭用美顔器の違いは波長と周波数の違い

近頃の若者というのは、ストレスを溜めてしまっているので、ニキビ治療用に開発された洗顔フォームや化粧水で手入れしているのに、少しもよくなってくれないと仰るなら、ストレスを解消できずに暮らしていることが原因でしょうね。
年齢が近い知り合いの中で肌が滑らかな子がいたりすると、「なぜ私だけ思春期ニキビで苦しむのだろう?」「どんなケアをすれば思春期ニキビに打ち勝つことができるのか?」と考え込んだことはおありかと思います。
日常生活で、呼吸に気を付けることはほぼありませんよね。「美肌と呼吸は親密な関係なの?」と不思議にお思いになるかもしれませんが、美肌と呼吸は深い繋がりがあるということが分かっています。
肌荒れを元通りにしたいなら、効果が期待できる食物を摂取してボディーの内側から良くしていきながら、体の外部からは、肌荒れに効果の高い化粧水を有効利用して修復していく必要があります。
洗顔フォームに関しましては、水だったりお湯を加えてこねるのみで泡が作れますので、凄く手軽ですが、その代わり肌に負担がもたらされますので、それが原因となって乾燥肌になって苦労している人もいるそうです。

しわが目の周りに多くあるのは、その皮膚が薄いことが元凶です。頬近辺の皮膚の厚さと比べ、目尻もしくは目の下は2分の1、まぶたは3分の1しかない薄さだと言われています。
どこにでもあるようなボディソープの場合は、洗浄力がきつすぎて脂分を取り過ぎてしまい、乾燥肌または肌荒れを生じたり、逆に脂分の過剰分泌を生じさせたりする症例もあるらしいです。
ニキビと呼ばれるものは、ホルモンバランスの不規則によって出てくると言われていますが、睡眠時間が不規則だったり、ストレスがあったり、食生活が劣悪だったりといった状態でも発生するらしいです。
バリア機能が減退すると、身体外からの刺激が要因で、肌荒れに見舞われたり、その刺激から肌を保護するために、皮脂の分泌が活性化され、見た目も悪い状態になる人も多いとのことです。
せっかちになって行き過ぎたスキンケアを施しても、肌荒れの物凄い改善は無理なので、肌荒れ対策を遂行する場合は、しっかりと実情を鑑みてからの方がよさそうです。
家庭用美顔器のラジオ波(RF)でエステ級の効果を期待できる!?
皮脂が毛穴の中に詰まるのがニキビの原因で、その皮脂を滋養分として、アクネ菌が繁殖を繰り返すことで、ニキビは炎症へと繋がり、更にひどくなっていくのです。
鼻の毛穴で頭を悩ましている人は結構いるらしいですね。顔の中でも何処よりも皮脂が貯まりやすい部位だとされ、どうしても爪で絞りたくなるでしょうが、表皮が傷つくことに繋がり、くすみを誘発することになるのではないでしょうか。
お肌についている皮脂を除去したいと考えて、お肌を力いっぱいに擦るようなことをしますと、それが誘因となりニキビを誘発する結果に繋がります。極力、お肌に負担を掛けないように、力を込めすぎないように実施しましょう。
表情筋の他、肩又は首から顔に向かって付いている筋肉だってあるので、その大切な筋肉の衰えが著しいと、皮膚を支持し続けることが不可能になり、しわが出現するのです。
ほうれい線とかしわは、年齢が出てしまいます。「ホントの年齢より老けて見えるかどうか」というのは、このほうれい線としわの有り無しで判定されているとのことです。

 

 

ラジオ波(RF)に期待できる効果~顔や足のダイエットにも使える?~

ラジオ波(RF)の肌に対する仕組みがわかったところで、次はどんな美容効果があるのかご紹介します。

 

肌のハリや弾力が覚醒

大食いしてしまう人や、そもそもいろんなものを食することが好きな人は、常日頃食事の量を低減することを気に留めるだけでも、美肌の獲得に役立つでしょう。
スキンケアといいますのは、皮膚の一部分となっている表皮とその中を構成している角質層部分にしか作用しないと言われていますが、この重要な働きをする角質層は、空気の通過も阻止するくらい強固な層になっているのだそうですね。
お肌の乾燥と言うのは、お肌の瑞々しさの源泉である水分が揮発してしまっている状態ことなのです。重要な役割を担う水分が足りなくなってしまったお肌が、雑菌などで炎症を引き起こし、ガサガサした肌荒れになってしまうのです。
今から10年くらい前の話しですが、シート状の毛穴パックが人気を集めたことがあったのです。旅行などに行くと、全員で毛穴から引き抜いた角栓を見せ合って、ワイワイ・ガヤガヤ馬鹿みたく騒いだことを懐かしく思います。
その多くが水であるボディソープではありますけれど、液体であることが幸いして、保湿効果を始めとした、多種多様な効果を発揮する成分が数多く利用されているのがウリだと言えます。

早朝に用いる洗顔石鹸というのは、家に帰ってきたときのようにメイキャップだったり汚れなどを取り去るわけじゃありませんから、お肌に刺激がなく、洗浄力も可能なら弱い製品がお勧めできます。
洗顔石鹸で顔を洗った後は、普通なら弱酸性傾向にある肌が、その瞬間だけアルカリ性になるのだそうです。洗顔石鹸で洗顔すると突っ張る感じがするのは、肌がアルカリ性になっているためだと言えます。
「敏感肌」限定のクリームだの化粧水は、肌の乾燥を抑止するばかりか、肌の角質層が生まれながらにして持ち合わせている「保湿機能」を向上させることも夢ではありません。
当然のごとく扱うボディソープであるからこそ、肌に悪影響を及ぼさないものを使うようにしたいものです。しかし、ボディソープの中には肌が荒れるものも稀ではありません。
通常、呼吸を気に掛けることはなかなかないと思います。「美肌と呼吸は切っても切れない関係なの?」と疑問に思ってしまうでしょうけど、美肌と呼吸は深い繋がりがあるのはもはや否定できないのです。
家庭用美顔器のラジオ波(RF)でエステ級の効果を期待できる!?
お肌に付いた皮脂を綺麗にしようと、お肌を力ずくで擦りますと、それが誘因となりニキビの発生を促すことになります。なるだけ、お肌を傷めないよう、丁寧に行なうことが大切です。
基本的に熱いお風呂の方を好むという人もいるとは思いますが、必要以上に熱いお湯は肌には悪影響を及ぼし、肌の保湿成分となっている脂分を瞬く間に奪うことになるので、乾燥肌の一番の要因になってしまいます。
洗顔フォームに関しては、水であるとかお湯を足して擦るだけで泡を立てることができますので、凄く手軽ですが、代わりに肌への刺激が強すぎることもあり、それに起因して乾燥肌になった人もいると聞いています。
肌がトラブルに巻き込まれている場合は、肌は触らず、生来秘めている治癒力をアップさせてあげるのが、美肌になる為に一番必要なことです。
最近の若い世代は、ストレスの解消法を知らないことが多いので、ニキビ解消に役立つ洗顔フォームや化粧水を使用しているのに、ほとんど改善する気配がないという状態なら、ストレス自体が原因だと考えて良さそうです。

 

 

ラジオ波(RF)美顔器の副作用や注意点は

がん治療、アンチエイジング、メタボリックシンドローム、その他生活習慣病の予防などさまざまな医療分野でも積極的に活用されているラジオ波ですから身体への悪い影響はありません。

 

むしろ身体を傷つける心配なく、健康や美容を維持できることを考えると優れた技術であることは間違いありません。

 

しかし、注意点としてラジオ波痩身による副作用の心配ですが、全くないというと嘘になります。身体への悪い影響はないものの、ラジオ波痩身の際に使用する機材によっては、金属アレルギーの原因となる可能性もあります。

 

では金属アレルギーの人は、ラジオ波痩身が全く利用できないのか、というとそういうことでもありません。ラジオ波痩身による副作用が、機材による金属アレルギーであることがはっきりとしているのですから、金属アレルギーを持っている方は、機材選びに注意をするといいのです。

 

金属アレルギーになりやすい金属は、ニッケル、コバルト、クロム、亜鉛、マンガン、銅となりますので、それ以外のチタン、銀、プラチナ、金などが使用される機材を選ぶといいでしょう。

 

このページの先頭へ